-

クルマに乗っているあなたであれば知っていると思いますが、自動車税というものが課税されます。それでこれは、車売却時に一般に還ってくるのです。こういった内容は実際実行してみたら直ぐに理解できますがでは一から順番に詳細に紹介することにしましょう。あえて注意書きさせて頂けば日本の自動車のみが対象ではなくアメ車も税金が還ってくる対象になります。これは愛車もそうですね。自動車税というのは車を所有する人が払わなければいけないものですがこれは車の排気量により決められています。1リッター以下のであれば29500円1リッターから1.5リッターまでだと34500円。これからは500cc刻みで5000円ずつ増加します。そしてこの税は4月1日の時点の保有者が、年度内の金額を納める事になっています。つまりは先払いということですから、当然自動車を買取してもらって所有権を手放した時では先払いした分の自動車税は返還されるというわけです。この自動車税というのは先払いで今年度の税額を払いますので、その年度内に車を売却したときは、新たな所有者が自動車税を負担するのです。売却先が中古車買い取り専門店の場合は、売却時に前払いしている分の金額を返金してもらえます。つまり所有権を手放した時より後の自動車税は新たな所有者が納付義務を負います。例えばあなたが10月のうちに自動車を売却した場合は11月から翌年3月中までの税額は還ってくるのです。というのは、繰り返しになりますが自動車税は先払いであるということによるものです。まとめると、売却者は買取先に自動車税を返金してもらうということなのです。個人間で自動車を売買する場合には、結構この事実を忘れている方がよくいるため、きちんと忘れないようにすることです。自動車税という税金は自動車を手放すと還ってくるということをあまり知らない人が多いからと言って、それを説明しない悪徳業者もあるのです。自分から返金に関しての話をしなければ、税金のことについて言わないというケースもしばしば聞かれます。ですから車の買い取りを頼む時には払いすぎたお金が返金されるかどうかを確認することをおろそかにしないようにしてください。